CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

花も嵐も

<< カタカナノキモチ | main | ネバーランドコレクション >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
げげげのこと

あいかわらず「げげげの女房」を楽しく見とります。
やっと、やっと貧乏神とおさらば出来て、福の神に来てもらえるようになったところ。
でも、水木先生が漫画賞をとってから、急激に変わってく周囲。水木先生も、布美枝さんも何も変わらないのに。仕事が増えすぎてとうとうプロダクションを設立することになり、そのお祝いパーティーの夜、小さいお家は編集者やプロデューサー、アシスタント等仕事関係の人々でごった返してる。未来への夢や計画で輝いてる。
そこに、自分も苦しいながらもずっと支援してくれていた戌井さん(梶原善)、心が折れそうな時、いつも水木先生の漫画は素晴らしいと理解してくれていた戌井さんが、バナナのおみやげを持って現れる。けど、きらびやかな灯りとひとに酔って、ひとり縁側に座って物思いにふけってる。布美枝さんがそれに気づいて現れるシーン。夜の縁側、賑やかな灯りを背にしたふたりのシーン、泣けたわあ。「こんな席におみやげがバナナなんて僕も気が利かないな」なんて苦笑いの戌井さん(善ちゃん)にきゅ〜〜〜ん!水木先生も、戌井さんと話したいってそぶりだったのに・・・・。
水木先生の成功を誰よりも喜んでるのは戌井さん自身なんだけど、少しさみしい気持ち・・・・共感してしまう。
なんだか、何かが「当たった」ときのめまぐるしさ、嵐に巻き込まれたようなせわしなさは、どんな世界でも同じなんだなあ。
ちなみに、アシスタントで入った3人のうちふたりは、池上遼一とつげ義春だったとか。あっ深大寺でスカウトした方がつげ義春がモデルらしいです。知らんかった。
まあ、ガロがゼタだったりと、ドラマと現実を照らし合わせると面白いですね。

げげげの女房のふたりが、NHKの地デジ対策PRのためのドラマに出てます。
「いちごとせんべい」これ続編が出来てます。
現代の下町の老舗のおせんべい屋さんの若夫婦のなにげない日常。かわいくて好きです。

あっ嵐さん、今度は日立のCM決定だそうで。
う〜ん。うちは掃除機と洗濯機が日立ですわ。でも当分買い換える予定はないなあ。でもCM楽しみ!

| days | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark |
コメント