CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

花も嵐も

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
Party
JUGEMテーマ:日記・一般


おいっっ! Wii Party 楽しいじゃねえかっっ!

なんだか今年のコンサートのMC、このまんまでも面白そう〜って思った。でっかい画面もあることだし。今の嵐がツアーで宣伝したらバカ売れしそうだ。でも、いやいや、やっぱりグダグダなおおよそ、国立競技場やドームにそぐわない、内輪ネタとホテル話と風呂話も捨てがたいしな〜。
そんな思いを馳せるも、そもそもほんとにわたしは今年のコンサートにゆけるのだろうか?去年、「まあ今年がピークよね」って思ってたけど、今年さらにえらいことになってます?
今年は、夢見心地のライブに行けたので、あまり欲張るのもどうかと思うのだけど、せめて1度は見たいぞ!一回見れるかどうかを心配するレベル・・・・だよなあ〜。

あ!明日は嵐もだけど、スマ兄さん方の待ちに待った
「毒トマト殺人事件」デス!
絶対見なきゃ!


| Arashi | comments(0) | - | pookmark |
君と僕の見ている風景
JUGEMテーマ:日記・一般

そして今日 発表

嵐さん新アルバムとツアー。
アルバムタイトルとツアー名につけられた「君と僕の見ている風景」

スポーツ紙によると

 「アルバムのコンセプトは『変化なき変化』。『これまでの嵐』に加えて、『新しさに挑む僕ら』も表現したい」と松本。昨年7月発売の「Everything」から今年5月の「Monster」まで発表済みのシングル曲4曲だけでなく、新曲10曲やメンバーのソロ曲5曲も収録予定。新風ならぬ“新嵐”も堪能できそうだ。

「コンサートはライフワーク」と公言するメンバーも今から演出や構成などのプランを考えるなど大張り切り。松本は「(5都市限定での公演なので、アクセスが大変な方も多いと思いますが)たくさんの方々に会えるチャンスなので、メンバー5人で楽しんでやりたいと思います。楽しんでもらえるコンサートを今年も約束します!(昨年の)10周年ツアーでは、たくさんの方々にお祝いしていただきました。今年は『挑戦する嵐』にご期待下さい!」と歌、ダンス、演出などすべてに新たな挑戦を誓った。

ほんとーに!たのみます!!

もう〜いろんなものが、一時に!


さ、いよいよ明日だ。

早寝、早寝。

どきどきどきどきどきどきどきどき。いやだめだ!平常心、平常心。

| Arashi | comments(2) | - | pookmark |
週末あれこれ
JUGEMテーマ:日記・一般

ブラマヨおもろい〜〜〜〜。
いまのところ、今までで一番面白かった嵐にしやがれ。やはり、嵐さんたちは、持ち上げられるよりも、格下扱いの方がしっくりくる。

怪物くん、フランケン以外の背のそろい方がかわいいと思う。(警官含む)
デモリーナさまの切なさウェットモードと、黄色い服着た怪物くんのアンバランスさが面白い。
来週はいよいよ待ちにまった、アニキとの対決か?

そういえば、怪物王子の執事さま。むしろ松本潤は仮の姿かとも見まごうばかりの怪物耳の似合いっぷり。あれほど似合えば、自分でも見とれるんじゃなかろうか?あの姿で蝋燭の炎越し、節目がちに眉をひそめて欲しい。怪物くんpart.2は怪物ランドでの執事と王子の日常でひとつ。

嵐ちゃんの面白さが安定していて最近とても安心。お馬のきぐるみの頭がそろってるののかわいさよ。あのお馬着せてる絵づらはとてもイイ。あと、メイサかっけえ〜〜。

Mステ衣装がお金かかってそうで、みんなそれぞれ似合っててかわいい。
曲もいいし、振りもいい。生まれ年の曲のコーナーがJ-POP黄金期の95年。私の大好きな95年。DA・YO・NEは取り上げられるけど、小沢は取り上げられない。映像権ストップさせてるのか?
小沢くんの95年に出した曲一覧。「カローラ兇砲里辰董廖峩い気持ち・強い愛/それはちょっと」「ドアをノックするのは誰だ?」「戦場のボーイズ・ライフ」「さよならなんて云えないよ」「痛快ウキウキ通り」1年に6曲もシングル出してるし。完全に狂ってたな。

| Arashi | comments(0) | - | pookmark |
オンとオフを全部見せ
JUGEMテーマ:日記・一般

ノンノの梅佳代さんの撮った嵐を見た。

ゆるい(笑)

中でも一番普段の顔よりも緩んで気を抜いてたのは翔さんなんじゃないかと思う。そう思うと、やっぱり嵐の中では長男気質が出てしまうのか、普段気張ってるんだなと思った。そしてどこまでも内弁慶。身内の中にいるのが大好きで安心するひとなんだろうな。もちろんみんなそうなんだけど、普段の慎重さの反動か、大丈夫とわかると無条件で全身投げだすことも厭わない感じ?

| Arashi | comments(0) | - | pookmark |
2020×ZOOM

会報到着。

今回もさすがのクウォリティー♪
だいたいいつも、ドラマの終盤にドラマ写真の載った会報が届くのに、もう大野くんは怪物くんのドラマ写真。すごい怪物くんっぽいショット。そういえばCUTのインタビューも読んだけど、怪物くんの耳をもらえるって喜んでいた大野くんが、らしくって笑った。
松本さんは、例のプライベートNYショット。楽しそう〜まさにリラックス&エンジョイが写真からにじみ出てる。海外の街角似合うなあ。
翔さんは百問の質問。メンバーを一言での問の松本さんのところ。猝ノ呂魄豸世如匹豊狄新”という言葉の選択をする翔さんは、さすがです。よく言われる狄震面棔匹牢靄榲な性格を表しているようで。それはもちろんそうなんだろうけど、真面目っていったらどこか常識や世間体を共に連想してしまう。けど真剣って言ったら外野のことには気を取られず、自分で立てた目標に本気でぶつかってく感じです。そっちのほうがぴったりだと思った。
ニノはゆる〜いカメラ男子。
特にカメラに興味をもってなくても、こういう仕事をしていると、自然にカメラには詳しくなるんだろうなあ。青の炎の時の恐竜博物館での撮影で、エスカレーターで上り下りしてても、何も言わなくても絶対カメラさんのかまえたフレームの中からは外れない。感覚でわかってるだろうなって誉められてたな、そういえば。こちらもすごくリラックスなショット。
相葉ちゃんは舞台のポスター撮り。きれい〜〜〜。
白が似合うなあ〜。私は今回は残念ながら相葉ちゃん舞台は不参加ですが、面白そうですね。

ズームインスーパーではARASHI2020×ZOOM
真夜中の嵐のときのテントにて、バードと5人で、昔語りと未来語り。残念ながら月曜日を見逃してしまったけど、昨日の翔ちゃんと今日のニノのは見れた。嵐にしやがれの番宣とはいえ、このメンバーで当時のV見てああだったね、こうだったねって語るって、ほんとうはこれを、これこそを嵐のSPで見たかったんだ。でも、いま見れてるからいいんだけど。それにズームイン内なので、むしろ6人だけで語れていいのかも。今はなんなく出来ることが10年前はまったくできなくて、でも、出来るようになりたい、もっと大人になりたい、実力もキャパも広げたいっていう気持ちはすごく伝わっていて、でも人間、映画みたいに急激には変われなくて、一歩進んで二歩下がるみたいな。そういう凄すぎないところ、決してスーパーマンでないところが好きでしたね。明日は大野くん。

| Arashi | comments(0) | - | pookmark |