CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

花も嵐も

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
国立2日目MC
ってことで、簡単に9/6のMC

雨にならなかったね〜。って話から。昨日の公演が終わってからも雨降ったもんねって。この間から、すごい雨が続いてたでしょ?この中でてるてる坊主作った人!!っててをあげさせると、結構なひとが手をあげていて、にのが「21世紀なのにね」って言っていた。相葉ちゃんが「だって、裏のバックステージにもいっぱいてるてる坊主作ってあったよ」って言ってました。そりゃ、嵐のためにってのもあるけど、大雨降ったら、嵐さん当人たちよりもスタッフの方がもしかしたら切実に大問題なのかもしれませんものね(笑)で、昨日の夜は何してた?って話題に。
まず翔ちゃんが家に10時には着いていたと。帰る前に母親にご飯の用意してって連絡したら、え?この時間に?みたいな反応で、まあ帰ったらご飯は作ってあったんだけど、ご飯を食べてる翔ちゃんを尻目に家族全員テレビの前で「魔王」にかぶりつきだったと。そこで松本さんがわざと甘えた声出して「ママ〜ごはん作って〜」言ったらニノも真似て「ママ〜ハンバーグー」って(笑)冷やかされる翔ちゃん。
そのころ大野君も同じく家にたどりついて、玄関に入ると、どうやらドラマを見ていたらしいお父さんが、リビングから出てきてグスグス鼻をすすってたらしい(笑)
そしてこの日はにののお母さんが見に来てらしたようで、会場から「きゃーー!!」って悲鳴が。翔ちゃんとか「なんで?なんでニノのお母さんそんな人気あるの?」って不思議そうでした。翔ちゃん、前にメンバーの携帯サイトのニッキは本当に日記を盗み読むみたいで、読まないって言ってたけど、本当に読んでないのね。私、和子さまも好きだけど、翔ちゃんのお母さんもかなり好きよ。ニノは昔からお母さんの話題多かったけど、翔ちゃんは昔よりも大人になってしまってからの方がお母さんの話題出すようになったなあ。それだけ大人になりテレがなくなったってことでしょうか?で、メンバーにニノはお母さんそっくりだとか、またせんべい食ってるんじゃないか?ここ飲食禁止だから!とかいろいろ言われて(メンバーもニノのお母さんに懐いてるのね)ニノはカメラに向かって「大丈夫だから」って、お母さんを守るようなセリフ言ってたなあ。
翔ちゃんは前半にやった、素晴らしき世界のときに、「そよ風が吹いてきてすごい気持ち良かった。」って言ったらなぜか会場から笑が笑笑笑。ふふふ、なんか面白かったんですよね。そよ風って文語だけどあまり口語として使わないというか、日常会話に自然に登場しないから。またひとり「え?なんで?おかしい?」って客席を確かめるようにきょろきょろしててかわいかったです。
そして相葉ちゃんが、ブルータスの釣り特集に載ってた大野くんの写真を見たそうで、撮影の途中に釣り行ってるんでしょ?って言い出して、また言ったの?ってか、よく行く時間があるよね?って松本さんに言われ、ちょうど空き時間が12時間くらい出来たそうで、その時船出してもらって、ずっと釣りしてたそうです。なんと6時間!ゆえに船から降りて撮影現場に行ってまっすぐ歩くだけのシーンだったのに、まだ揺れてる感じがしてゆらゆらしたそうです。そこで、末っ子ふたりに速攻で「支障でてんじゃんか!」「金曜10時なめんなよ!」って口々につっこまれ、早々に後退しつつ土下座な大野くんでした(笑)あと、もうちょっとだからね!魔王。でもその船長さんって大野君と同い年だそうです。そうなんだ。なんとなく真っ黒でしわ深いおっちゃん船長さんなんだとばかり思ってましたわ。そこでやっぱりの嵐さん、そんなに好きなら、オレらも釣り連れてってよって松本さんが言い出して、翔ちゃんも行くって言ってて、そしたらニノが、「あなたテトラポット釣りましたよね」って。そういえば昔、横山くんと櫻井相葉二宮で車を出して釣りに行って、翔ちゃんが釣れなくて、ごみ拾いしてたって言ってたことあったな。行こう行こうと盛り上がるも、どこに行くの?やっぱり海釣り?って話になると、ぽつりとにのが「俺は行けないけどね」って言うのですよ。じゃあ釣り堀、釣り堀にみんなで行こう。市ヶ谷で。すぐそこじゃん!ってことに落ち着きました。確かに大野くんの趣味が“海”釣りである限りニノは酔うから行けないんだな。さすがの大宮さんも、海上ではタッグ組めないか。でも、釣り堀でもいいよ。そうよアラシちゃん覚えといて!嵐にはお金かけちゃダメなの。釣り堀で嵐放り込んでほっといたらいいんだから。

っとまあ、MCも大体こんな感じで、きっと記憶違いもあると思いますがご勘弁下さい。
月曜日の宿題くんは最高級だったし、はねるの予告はテンション上がったし。たいへん。余談だけど、今日の仕事帰りに駅のキオスクが新しくなったので、見てみると本のスペースの場所にアラシゴト3冊が棚に表紙向けられて飾られてましたよ。帯にはゴールドの20万部突破の文字。こんな駅のキオスクにまで置かれてしまうほど、メジャーな書籍になったのか?アラシゴトは?
JUGEMテーマ:日記・一般
| 2008 arashi marks AAA | comments(0) | - | pookmark |
続・国立
WSでいくつかコンサート映像ゲット。いやあ〜上のほうからみるのもきれいだねえ〜。これは是非とも、DVD化をお願いしたい。今回、見られなかった方もとてもたくさんいるし、絶対に!

昨日の続きで、ぽつぽつ思い出したことを。
ひとつが、花道最強!!
ほんと嵐が一列になって歩いてるの見るだけで無性に幸せになってくる。今回場所も広いので花道も自然と広くて長い。そこを楽しそうに笑いながら後ろの仲間を振り返りながら、目と目を合わせながら、肩を組みながら歩くのを見てるだけで、ここは地上の天国かと思ってしまう。今回の花道のおかげて、そんな場面を何度か見れたのがうれしい。あと、ダンスでも一列になって千手観音なフォーメーションを組むことか多かったし、それもとてもきれいだった。

松本ソロ。♪Tell me what you wanna be?
今回の生バンドをフルに活用し、まるで夏フェスのよう。衣装もシンプルなTシャツにジーンズにサングラス。こうやって見せられてしまえば、この曲はこのスタイルが、これが正解だったんだと。なんてぴったり!この楽曲はこうやって生バン従えて野外でやるために最初から作られてたんじゃないかと思ったほど。まっ「野外」ってだけで松本くんの脳裏には、夏のロックフェスが浮かんだんだろうと思うので、ベタだな〜って思ったけど(笑)きっと一度ギタリストと背中合わせでエアギターして、曲終りに何度もマイク振り回して飛び跳ねてジャーン!って終わるのやってみたかったのね〜って、ちょっとわかりやすくて笑っちゃった。でも、そういうとこ素直にやってしまうところも好きですよ。それに実際似合ってたし、きまってたもん。相葉ちゃんもこういうの似合うと思うんだな〜。いつか見てみたい。

あととても個人的におお!っと思ったのが、♪感謝カンゲキ〜の時に翔ちゃんが♪血を燃やす♪のところで、手を開いて5本指をあげるようにして♪血を燃やす〜ってやったの。これが無性に嬉しくて。歌番組で感謝カンゲキ〜を歌ってた時は、翔ちゃんのラップ部分の手の動きがとても忙しくいろんなポーズをとっていて、そのひとつが血を燃やす♪のポーズだったんだけど、それをやってるのを久々に見た気がする。あれ大好だったので、ちょっとテンションあがりましたね。

アジアに、嵐は嵐のまま胸を張って5人で旅してきて下さい。私は日本でお留守番ですが、成功を疑いません。WSでは、時間がなくて通しのリハがたった1回しかできなかったって言ってたけど、それであれだけのものを作ったんですもんね。すごいなあ。つい1週間前が24時間で、その前がオリンピックだったのよ?

あと、今回ムービングステージのふもとの席だったので、ムービングの下で忙しく働くスタッフさんの姿がよく見えました。ほんとうに肉体労働。機材のことはまったくわからないけど、約3時間太いロープをかついて右へ左へず〜っと上を見ながら動いてらっしゃいました。嵐もスタッフさんも、嵐ファンも、嵐の夏、お疲れ様でした!
JUGEMテーマ:日記・一般
| 2008 arashi marks AAA | comments(0) | - | pookmark |
国立の嵐 2008.9.6
国立。た〜のしかったです〜。
野外ならでは!しかも競技場でしかできない演出。

30分前くらいに会場につき、ばたばたと競技場の入り口に入ったとき、暗闇からいきなり明るい巨大な空間にはいり、ぎっしりひとが詰まってることに圧倒された。サッカー観戦は何度か行ってるけど、アリーナまでびっしり、しかもスタンドもこれほどぎっしりな状態は初体験なので、それにまずびっくりです。まったく関係ないけど、古代の剣闘士とかってこういう観客の中戦ったんだろうか?ってへんなことを思いついた。私は野外は、昔某外タレコンを球場に見に行ったっきりだったので、それとも感覚が違い、その人の多さにやられました。だってドームは客電がついてても、あるていど暗闇の中に埋まってるけど、くっきり見えるんですもの。改めてこんなに多くのひとが嵐を見にきて、しかも、ここに入れなかった多くのファンがこの数倍いるんだということを肌身で感じた気がした。

私の席はアリーナの後方の端の方だったので、花道上で何が起こってるのかとか、反対側の外周に行かれたりするともう見えなかったけど、双眼鏡も持って行ったけどほとんど使わず、正面のでっかいビジョンで嵐を堪能し、最高の嵐祭りを体感してきました。
もう嵐さんは例え競技場であれど、あくまで全席のファンの近くに行こうとしてくれてるのはひしひしとわかる構成だったし、あらゆる仕掛けや演出に彼らの心意気と熱意を感じました。
一回だけ見ただけで、しかも全体を見渡せる席でもなかったので、詳しいレポは書けませんし、どこから書けばいいのかわかりませんが、思いつくままにつらつらと。
最初は噴水。そう噴水がメインステージに吹きあがってそっちに見とれてるといつの間にか花道の先のセンターの丸いステージが上がっていってそこに嵐さんがいました。ほんとに噴水に見とれてて、全然気付かなかった(笑)最初は♪Love so sweet から。黄色と紫という今回のコンサートのテーマカラーを使った衣装。お天気は曇り。そよそよと風が吹いている状態。先に書いたとおり、私は巨大ビジョンにお世話になることが多かったんだけど、これで十分よかった、いやこれが良かったのです。カメラは花道ステージ下から各メンバーを見上げるアングルで撮る。するとメンバーの髪が風に吹かれてなびいてるバックに曇天の広い広い空と向かい側のスタンドにビッシリ詰まった客席が見える。なんだかそれを見て、ああ〜今この時間この場所で私たちは一緒にいるって強く強く実感できたのです。今私に吹いてる風と嵐さんたちの髪をなびかせてる風は同じなんだな〜って。暗闇の中のコンサートは一気に非現実の世界に連れてってくれて、夢の世界に連れてってくれる。でも明るい状態の野外は、とても現実感があってリアルで、それでいて共有してる感覚が強かった。ああこれは本当のことなんだな〜って。今この瞬間は現実なんだな〜って。考えてみると私はコンサート会場以外で嵐を見たことがないんですよね。イベント他まったく参加してないので。だから明るい場所で生の嵐を見たのが初めてだったので、よけいそう思ったのかもしれない。
そして今回、素晴らしい!って感動したのが、ちょうど暮れかかって薄暗闇に移ってゆく時間に当てた曲が、♪素晴らしき世界♪とまどいながらだったこと。楽曲自体が久し振りだったってこともあるし、だんだん暗くなってくるその短い時間に、この曲を持ってくるってもちろん計算ですよね?すごい良かったです。
会場は縦に長い方をステージに使い花道は十字で外周がムービング。私はアリーナ後方だったので、後ろに来たときはそばで見れるのだけど、ムービングがぐう〜んと上がってしまって見上げる見上げる(笑)ほとんど崖の下から見上げる感じでした。
で、久々の懐かしい曲も今回多かったのですが(詳しいセットリストはよそ様のブログや今後出る雑誌でご確認ください、私はメモもしてないので)懐かしいセットもございまして、なんとジャニーズスーパークレーンが。あれはHow'sのときか?玉アリでするためにだったかすっごい長く何十メートルと伸びるクレーンを作ってもらって、ジャニーズ初の!って言われて嵐さんが使ったんですよね。先の人間の乗るかごの部分がゆらゆらと斜めになるやつ。2点で支えてて怖いやつ。あれが花道に真横に5台登場してました。おお!っと思ってはっ翔ちゃんは?って見てみると、真ん中で真上にだけ上がるタイプにご搭乗でした(笑)そうだそれと、この間のコンサートでお別れかと思ってた「A」の人型のかわいいヤツ!あいつがまた登場。しかも今度は「A」だけじゃなく「A」「R」「A」「S」「H」「I」の6体です。5人じゃないのか!って思いながらも、かわいくてかわいくて、またまた凝視。しかもダンスカンペキなんですよね〜惚れぼれ。
あと♪Lucky manが長めのバージョンだったのが嬉しかったし、♪Carnival Night part2が文句なく楽しかった!♪中央で紙吹雪が舞ったのはこの時だったっけ?あの演出もすごくきれいだった。Waveでのウェイブはちょっと広すぎてうまくは行ってなかった気がするけど、そこは嵐さんもサラっと流してたかな?
中盤で、トルメンタがありメンバー紹介があるのですが、そう、今回はストリングスまで入った生バンドだったんですね。それで生歌に手に汗握る部分もありましたが、嵐さん昔よりうまくなってますよ。で、メンバー紹介でMADやジュニアの紹介もあるんですが、最後メインステージに集まってバックに大勢のジュニアを従えてのフォーメーションでダンスのパフォーマンスは短かったけど、痺れました!!かっこよかったあ〜!
いつの間にか夜もとっぷり更けて、さあいよいよメインの時間です。
今回の会場が国立競技場ということで、ビジョンに映像が映り、小倉さんが、東京オリンピックが行われた時の説明と当時の映像が紹介されます。そして嵐さんのひとりずつの映像。ファンのみんなへの感謝の思いなど。そして松本さんが最後に、これからもみんなとともにあることを誓いますだったかな?正確な言葉は忘れたけど、宣誓の言葉を。それとともに聖火台の下の方のスタンドから次々に小さな炎が次々吹上げ、最後聖火台に大きく炎が灯ります。そしてその聖火台の火を後ろにてっぺんで5人横一列に並んで♪Re(mark)able 鳥肌もんでした。ビジョンに大写しになる嵐さんの後ろには炎が大きく揺らめいています。急な階段を降りてきて、花道移動でセンターステージまで戻って♪truth この流れ最高でした。衣装は赤とえんじ色とゴールドの3色をアレンジしたもの。この♪truthも並々ならぬ気合が入っていて、嵐さんはもちろんのこと映像がすごく凝っていて、まるでTBSのドラマ版に対抗してるんじゃないかってほど、魔王の世界観に沿ったドラマチックでゴージャスで悲劇的なきれいな映像でした。オリンポスの丘の廃墟や女神のような胸像、からまる鎖、クラッシックなタロットカードの配列など。そこにさらに炎攻め(笑)あっちもこっちも炎があがり、かなり離れてる私のところでこれだけの熱気がくるんだから、炎に囲まれた嵐さんはいかほど?とにかくきれいでした。
あと、♪
後半には♪明日に向かって吠えろ なんていったい何年ぶりよ?ってくらい懐かしい曲もやってくれたし、こうやっていつもの盛り上がり曲に古い曲もポツポツ入れてくれるとすごくテンションあがりますね。♪最後はone loveで無数の白い風船がアリーナのそこここからぶわあ〜〜〜と夜空に浮き上がって行きました。あれ何個あったんだろう?とにかくたくさんの風船。この演出はアリーナから見ててすごくきれいだった。海の底から上を見上げていて白いあぶくが一斉に上に向かって登ってくみたいな。風のせいか、あれよあれよという間に風船は小さくなって行きました。あれどのくらい飛んでくんでしょうね?また巨大噴水が高く高く上がって本編終了。アンコールでは♪ファントソング。歌の前にじゃんけんで負けたひとが罰ゲームとのことで、大野君が負けました。何をやるのかと思えば、透明のプールがあって歌終りに飛び込むというもの(笑)汗かいてるんだから、むしろ気持ちよさそうで、どこが罰ゲームなのかわかりませんが(笑)プールから上がった大野くんは「寒い・・・」って言ってましたが、その後松本くんにタオルかけてもらってました。そのあとの曲で外周まわってきたとに、タオルかけたままの大野くんのナマ腹見せてもらいましたが、ほそっ細いよお〜。魔王さま、あとひといきだから頑張ってね〜。
ダブルアンコールの頃にポツリポツリと雨が降ってきて、松本さんが「雨が降ってきたぞ〜」って言いながらちょっとうれしそうに見えた。メインステージはおそらく噴水の水で水浸し、そこでつぎつぎスライディングして遊ぶメンバー達。翔さんなんて、走ってきて正座した形ですーっと滑ってて面白かった。とにかくそうやって遊ぶから頭から水かぶった状態。しかも雨。松本さんは上脱ぐし、翔ちゃんも脱いでTシャツぶんぶん振りまわす。そんな上機嫌で壊れたひとたち見ると、なんだかあれほど恐れた雨よもっと降れって気持になってくる(笑)いや、実際あの程度の小雨で良かったんだけどね。そうだ花火も上がったんだ。連打って感じで。とにかく雨がもって、最後の最後に少しだけ、演出のようにテンション上げるために降ったみたいで、出来すぎでしたね。
アンコールは頑張ったものの、会場の時間の加減か3度目はなかったです。

その後規制退場にしたがって出たのですが、その後がものすごい混雑で死にそうになりながらお友達の案内で人ごみから離れました。もう空が光りゴロゴロとなってくるし、まだスタンドに残されてたひとたちは無事帰れたんだろうか?
でも、そのくらいぎりぎりな天候の中、コンサートの数時間だけは1日目も2日目ももったということは、嵐さんは強運だなあと思ったところです。
とにかく最初から最後まで、全員楽しそうなんですよ。楽しくて楽しくて仕方無いみたいな。それ見てるだけで、どれだけこっちが楽しい気持ちになることか。しかも楽しそうだけじゃなくてかっこいい!ほんと5人ともかっこよかった!撮影隊は入れてるそうなので、これは是非是非映像に残して欲しい。途中上空を飛行機が飛んでたのだけど、あれ上空撮影だったのかな?ならば嬉しい。私も今回体感してすごく楽しかったけど、全体を見れたわけではないので、DVDでもう一度見てみたい。

ざざーっとだけ。感想です。
MCはまた別に。でもMCは短かったと思うんですよね。
でも、とにかく新鮮で刺激的で、やっぱり嵐最高!って思った夜でした。
予定調和でなく、最大公約数を狙いにいなかない、嵐が嵐らしい攻めを貫くのが一番!ARASHICのその先に私が見たかったものは、これだったの!

JUGEMテーマ:日記・一般
| 2008 arashi marks AAA | comments(6) | - | pookmark |