CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

花も嵐も

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
2005 one tour 本編総括
オリコンスタイルが出ましたので、set list見ながら覚書ってことで感想書いてみたいと思います。今回もいい写真でしたねえ。

―暗転―
「あなたにとっての一番大切なoneはなんですか?」のテロップがでて、子供から老若男女いろんなひとが答えていく。スタッフさんが比較的多め。バケイションって言ってたの敦さんかなあ?

大音響と共に大スクリーンに“one”って書かれてるシャボン玉が次々に上に上がって行ってスクリーン自体がが上がって嵐の足元から見えていく。荘厳。

yes?no?
ヘッッドセットマイクで白地に金色の飾りのついた衣装にいきなり真っ白なライトで映し出される5人「いくぞー!!」のかけ声。ノリノリのトランス曲のこの曲がオープニングで大正解。Aメロのひとりひとりのソロの部分でスクリーンに映る毎にす歓声があがる。頭の横で手袋をはめた手を合わせて動かす振りがお気に入り。RAP部分では自信満々な櫻井さんの顔。間奏で暗転グリーンのレーザーでoneの文字が浮かび上がったりブラックライトで白く浮かび上がった5人が千手観音みたいな流れるポーズがきれい。蛍光リボンのパフォーマンスのあとでまた真っ白い光の下でサビの手を交互に挙げる振り。この時の櫻井さんが思いっきりはりきってて最高で(笑)毎回見てて笑ってしまった。とにかくコンサートのメインに持ってきてもおかしくないんじゃ?ってくらいのものをしょっぱなに持ってきててバリバリに踊る姿を見れてとにかく大感動。一気に恍惚状態に(笑)初日では久しぶりの嵐があまりに良くってこみ上げてくるものがあった。

言葉より大切なもの
毎回最初の大野くんの♪ここにはあるから〜!!♪って叫び声がテンションを上げてくれた。最初に各メンバーが会場のいろんな場所にちってファンから熱狂的に大歓迎を受ける曲。ファン最初の興奮ポイント。

ハダシの未来
各花道のセリ上がりステージにそれぞれわかれて。立ち位置は毎回変わってたような気がする。天井席でも誰かは近くで見れて嬉しい。何もかも置いて曲合わせて一緒に踊って既に会場がひとつになる。振りありの曲って一緒に踊ってるだけで楽しいからお目当てさんを見れなくても全然気にならない。曲が終わりに近づいたらセンターステージにゆっくり集まる。曲のリズムに揺れながらわらわらと出てきたJrたちが持ってきてくれた水色の衣装にお着替え。これがなんだか忙しい感じじゃなくってみんな楽しそうで、ファッションショーとかでよくこういうシーンあるけど、勝手にパリコレシーンって思っててお楽しみポイントだった。
松本さんのみジャケット下が裸。

Lai-Lai-Lai
最初の各ソロ部分でニノの煽り「たんねーぞ!おりゃあ〜!」ってのにいつもしっかりテンション上げられた。緻密で細かいステップ。足をスコーンと上げる振り(若干上がってないひと含む)一度アリーナで見たときに汗がブンブン飛び散っていた。4曲目まで飛ばしっぱなしだもんね。後半の全員で頭をうつむいたところから上げるところ。ちょっとテ・アゲロの間奏のダンスに似たようなスペイン風な片膝付いて立ち上がる振りがステキ。

相葉ちゃんからひとりまたひとりと会場に挨拶しながらはけていく。
次のソロ担当の3人はすぐに。松本くん話長め(笑)最後櫻井さん。次の相葉ちゃんソロのために観客を煽る。煽る。

いつかのsummer
ツアーの後半ともなると客のヒューヒューいうのがすごかった(笑)JrはTシャツ短パンのラフな服装。相葉ちゃんはデニムにランニングに黒いカーディガン?やっぱりレゲエが似合う。足のダンスがかわいかった。うちわを持って踊るのがツアー前半はリゾートっぽいうちわだったのが後半では自分のうちわになっていた。大スクリーンには南の海ややしの木などが次々映りバカンスムード満点。一度カーディガンが肩からずれ落ちて左肩全開してたときがあってかわいかった。腰でリズムを取りながらうちわをぶんぶん回す相葉ちゃんを見ていると一度ボデコン衣装着せて羽の付いたドピンクな扇子持たせてお立ち台で躍らせてみたい衝動にかられた(笑)

秘密
今ツアーのかくし玉。飛び道具。初日のものすごいどよめきが忘れられない。「きゃー」ですらなかったから(笑)もっと低音なうなり声だった(爆)以降はニノがうんうんてうなずくところや足を後ろに手を上にぴょこぴょこ上げるところから例の指差しのところまでとにかく何をやってもきゃーきゃーすごかった(笑)数人の付いてくれてるJrくんたちは小さい子ばかりなのでよりかわいい。衣装もぼく電気街に行ったんだけど雨に降られて雨宿りしてるんだ(@妄想引用byゲームニッキ)って感じのカジュアルなものでニノの少年っぽさを最大限生かした渾身の悩殺の一曲。オリコンライターさんがおっしゃるとおり、トシちゃんを思い出した。実はニノの笑い方を聞いてると時々トシちゃん思い出すときがある(笑)

Rain
さすがの大野くん。一度そばで見れたとき。あの重力を感じないジャンプやステップやターンのキレの良さだけじゃなく、しっかり指の先まで振りあるんだって思って感動。衣装は破れたデニムに白ジャケットの腕まくりと、ちょい昔風な装い。暗めのステージでグリーンのサーチライトが動き回るところから。最初の暗いところに白い数本のスポットライトだけの部分がすごいかっこよかった。そしてライトはブルーに、途中スクリーンはめまぐるしく色んな色に変わる。♪赤いルージューの♪のところでスクリーンに1本の赤い線。次々増えていってyeah♪であたりが真っ赤なライトに包まれるところがかっこよかった。スモークと共に正面階段のほうにハケる。

Easy Crazy Break Down
ニノ松本組と相葉櫻井組に分かれてゆっくりとしたドラム音に合わせてアクセントダンス。リズムを取りながら客席に手拍子を求めながらゆっくり中央ステージに移動。そしてだんだんとカウントが早くなりダンスの振りも大きくなってゆく。横に倒れかかるような振りから入るEasy Crazy Break Downは鳥肌ものにかっこよかった。衣装は真っ赤でUKロック系?途中から着替え終わった大野くんも入ってガッシガシに踊ってくれる。後ろの大スクリーンでは5分割の各アップが。天井席の時これはとっても嬉しかった。ただできることならこれはヘッドセットマイクでやって欲しかった。

時代
♪we will Rock You をからめたアレンジ。大人になった嵐に時代を歌ってももらいたいなあって思ってたところだったのでとても嬉しい。Rap部分は新作。曲に合わせて石油コンビナート風の(笑)丸い炎が次々吹き上がる。正面スクリーンにはこの時の引いた全景映像が映ってるんだけど、壮大なステージに段の上下に並んだ嵐とJrとこの炎がなんだか呪術的な儀式っぽく見えた。間奏部分の女性バックボーカルのソウルフルな声が前半は入ってたと思うんだけど、後半に入ったらなくなってたのが残念。

サクラ咲ケ
「いくぞー!!」今回の主役ジャニーズ・ムービング・ステージ。正面ステージがゆるゆると嵐を乗せたまま上がったかと思うとゆっくり客席方向に動き出す。当然そんなもの初めて見たから大感動。そして人力らしいとわかって更に感動。一度だけこのステージを下から見れたことがあった。意外と見えない(笑)だってパイプが走ってるし。でも近くまで来てくれるときはほんとにそばで見れるし、アリーナをあれだけ前後動けばそういう恩恵を受けられる人も動かないステージよりはるかに多くなるだろうし素晴らしい。ステージを下からじっと見てると自分が移動してる錯角に陥る。酔いそうで思わずイスに捕まった。ニノってこれニガテだろうな(笑)桜吹雪が舞う。最終的にこれがバックステージに。

EYES WITH DELIGHT
全員で振り&C&R。楽しい。この時赤いジャケットを脱ぐのだけど、赤と黒のボーダー柄がニノと松本くんがおそろい(笑)ニノがTシャツの袖をざっくり切ったデザインでふわっと着てるんだけどこれがツアー後半になるとだるだるになってきてたのか?片肩からずれ落ちるの。そんで肩だして歌ってたのが小さい子みたいでかわいかった。松本衣装はランニングなので体にフィット。私は勝手に船舶乗組員みたいだあと思ってて(笑)とても似合っててこのボーダー衣装は大お気に入り。

Hey Hey Lovin' You
とっても好きな曲。どちらかというとサビよりAメロの方が好き。手振りも楽しいけどそういうのが無くっても自然に体が揺れるくらいノリやすい曲。この時各自花道で蛍光パステルの衣装に生着替え。特にピンクの櫻井さん。上半身裸でいる時間が長かった。自慢なのか汗かきすぎて乾かしたいのか?私は櫻井背中好きの人なので、後ろ姿見れるときは凝視させていただきました(笑)花道移動しながらなのでJrにちょっかい出したり色々楽しそう。

ROMANCE
センターステージ。松本大野が肩を組んでるところに残りの3人が端からよーいどんって走ってきて5人で背中合わせで円を作っておしりフリフリ。なんなんじゃあ〜?かわいい曲だしとにかくぴょこぴょこ飛び跳ねる振りがかわいい。♪トキメク気持ち〜ってところが松本くんの声質にとってもぴったりだと思った。後半5人が一列に並んで次々振り返っていく振りのとき、最後がニノで櫻井さんが振り向く前にチューのポーズで待ち構えてて振り向いて翔ちゃんめちゃビックリ(笑)

―MC―
地獄のカン蹴りコーナー
大宮SK〜はちゃめちゃテンガロン/まつじゅんサンバ
過去の大宮SKがほんの数分のステージでパッと出てすぐハケルってやり方に比べて今回はすごく長い時間をとっていた。何キャラ?ってくらいどんどんシュールになってくんだけど、せっかくあやしい二人なんだからインタビュアー翔ちゃん“大野くん”“ニノ”って呼ばない方が良かったんじゃ?って思った。次があるかどうかわからないけど、謎な部分は残しておいてもらいたいものですね(笑)
オーラスは松本くんの振り指導がはいり会場中でやることに。むか〜し松本さんがソロでマイケルの曲をやったときも金ラメ衣装で振りつけ指導をした。なにげにこのひと教えるの上手いと思う。そして5人でおもちゃのズラをかぶってまつじゅんサンバ。招待されてたとーまとya-ya-yaも一緒に。皆さん完璧。相葉ちゃんが本家のキラキラのついたかつらをかぶりたがり貸してあげる松本くん。蒸れてたのかこれ熱いねっていいながらもご機嫌で着用の相葉ちゃん。

夏の名前
白いレースのブラウス。そうまさにブラウスに黒いキラキラひかりもののついた黒いクラシックな王子様スーツ。さわやか〜。これも一列並びのダンスだったので激しくないけど揃っててステキ。ただ次の曲とのからみがあるからかも知れないけど、できたらこの曲はもうちょっとカジュアルな衣装の方がよかったかも。一旦曲が切れるところが好き。

Days
ジャケットを脱いで胸元にひらひらのついた総レースのブラウスで。松本大野組と相葉櫻井二宮組で花道でバレエっぽいダンス。これスタンドで見てるとそばの誰かよりも反対側の花道を見てる方がキレイだった。花道床に青白い細いライトが走っててひとりずつピンライトの下で踊るのにうっとり。激しいダンスより難しいと思うけど。全員指先まで気を配りながらキレイなダンスだった。王子様というにぴったり。

夢でいいから
白いハットに花柄スーツにステッキを持って。軽くておしゃれ〜な感じ。私この曲だけは櫻井さんこだわりの1曲だけあって会場できくより家でヘッドフォンで聞くほうが好きだった。ステージはステキなんだけどコンサートホールではない会場だとわんわんして細かい音がわからないから。これまたJrと一列になってのダンスのところがおしゃれだった。ステッキぶんぶん振り回すところがやっぱり体固そうだなって思ったけど(笑)ライトが真上からだけなのかな?影が出来ててちょっと昔のバーみたいだわって思いながら見てた。スクリーンもNY?摩天楼の映像が次々出ててきれいだった。

W/ME
教会の鐘の音がゴーンゴーン。松本さんコートを着てスモークの中から登場。ゆっくりと会場を見渡した後中央スクリーン後ろに消える。5分割されたスクリーンにはボンテージファッションのお姉さま方。女王様っぽく次々と服を脱がしていく。上半身裸にされてふと見るといない。正面スクリーンが上がって松本さん登場。以前にも書いたけどこの曲がもともとすごい好みの曲なのでそれだけで最高なんだけど、これに合わせてシャツはだけて踊る踊る。やっぱりどこの雑誌も取り上げてるように足を開いてずんずんって前に進んでくところがすごい好き。中盤映像の中のボンテージ姉さんが登場。ふたりでからんでポーズをつけて去っていく。いいんだけど、あんなに一瞬で去っていくなら必要があったのかしらとも思う。違う形でダンスしてくれてもよかったかも。そしてツアー後半から登場した中央花道を通る超高速トロッコでセンターステージへ。これがあるのとないのでは大違い。断然あったほうがカッコイイ。始まってもまだ改良を重ねるのがさすが。一度そばで見れた時スタッフさんが全速力で押して走ってたのを見て大感動。やっぱ人力なのか!お疲れ様です!最初見たとき凝りすぎやりすぎ感を感じたけど、考えてみたらそれでこそ松本なのだ。このひとは映像の中の方がより色気がでるタイプなのかなって思った。実際に生で踊ってるときはカッコイイ!って思うけどそれほどお色気は感じなかった。色気よりも一生懸命さを感じた。余談だけど、私は嵐内“男としての”色気度はちゃんと年齢が上から順番どおりだと思ってます(笑)それは私が歳くってるからの感じ方かもしれないけど(爆)

RIGHT BACK TO YOU
よお〜!ってんでシンセサイザーと横笛や鼓で出来た和風な曲に合わせて相葉ちゃんから順番に花道でミエを切っていく。金箔扇子を持っての和装。一度この時の相葉ちゃん側の席にいたときそばの相葉ちゃんファンの女の子がカッコイイーカッコイイーってずっと叫びっぱなしで(笑)演出上それはちょっとって思ってたんだけどさすがに相葉ちゃん本人も聞こえてたらしく恥ずかしそうにどんどん下向いてたのがかわいかった。この着物のデザインが去年の浴衣みたいなのではなく本当はどうかわからないけど重量感のあるデザインでステキだった。全員のミエを切るのが終わったら花道からメインステージへ。この時の大野くんの歩き方が着物を着た時の踊りの歩き方で、すごくキレイ。ここで松本くんも揃ってライトセバーを剣に見立ててリズム音だけで剣舞。音が段々と多くなってきてグリーンのサーチライトと共にRIGHT BACKへ。この流れもしびれた。初日に見たときはちょっと動きがゆっくり過ぎないか?と思ったけど、後半になるに従って重みが増して剣さばきが早くなっていった。できることならもうちょっと細いライトセーバーが欲しかったところ。それにしても大野くんのポーズのひとつひとつがきれい。櫻井さんもこの踊りは体が固いのが良い方に出て、きれいだった。これを見ていつか嵐5人で着物を着た何かをやって欲しいなって再び思った。

感謝カンゲキ雨嵐
PIKA☆NCHI DOUBLE
a day in our life
君のために僕がいる(トロッコ)
明日に向かって吠えろ
La tormenta 2004
A・RA・SHI

ここらへん、いつもの曲ではあるけれど、短いメドレーではなく一曲一曲ちゃんとやってくれたのが良かった。ただ何度も公演に入ってるとこの後半曲はだいたいいつも同じ曲だなとは感じてしまう。いい曲いっぱいあるんだからたまには違う曲も選曲して欲しい。歌詞覚えなきゃだから大変なんだろうとは思うけど(笑)La tormenta の始まりに櫻井さんよくべろんって指をなめてから上に上げててそれをカメラが追ってたんだけど、カメラの入ってた代々木ではただマイクを上げてただけだった。一応気にしてみたのだろうか?

素晴らしき世界
最後の曲。バックステージにあるステージがゆっくり正面に戻るときに。台風ジェネレーションに近いちょっとセンチメンタルな感じ。ゆっくりクールダウン。最後メインステージであなたにとっての一番大切なoneは見つかりましたか?などと相葉ちゃんからひとりずつ投げかけていって、最後僕たちの大切なoneはあなたです。との松本さんのお言葉があり。正面階段扉に消えてゆく。

アンコール
Hero
ココロチラリ
Lucky man
五里霧中
台風ジェネレーション

アンコール曲はその時その時で色々。五里霧中が楽しかったなあ。
大阪では嬉しいことに台風ジェネレーションが。ちゃんとニノの「じゃあ行ってくる」のセリフ入り。短いバージョンではなくフルでやってくれたのがすごい良かった。でも櫻井さんRAPの歌詞を明らかに忘れてて客席にマイクを向けてみんなに歌わせていた(笑)ゆっくりしたテンポのアンコールもなかなか良かった。オーラスではご挨拶の後ほんとの最後の最後は風見鶏。
オーラスはJrが花束持って出てきてくれて。メッセージボードを作ってくれた。スタッフサンバと犬の気ぐるみのひと(あれは誰?舞台監督?)も出てきてお疲れ様ってことで退却。これは名古屋あたりから既にあったかな?

・・・・・・長!
え〜取りこぼしも色々あると思うけどこんなところでしょうか?
ほんとに嵐&かかわったすべてのひとお疲れ様でした。おかげでまた今年の夏も早すぎてあと言う間に秋です。今年は特にゲームニッキの報告を読み公演ごとにメールをいただき、終わると同時に読むから感想を送って欲しいと言われコンレポまでJ-webにアップしてもらって、いたれりつくせりだ〜。松本くんが「俺ら愛されてるなあ」って感じる以上に「嵐ファンって大事にされてるなあ」って思う。やっぱり嵐ファンでよかったわ。あとはこれがDVDになってくれたら嬉しいんだけど。最後の代々木の時の松本さんの髪形とかめっちゃ好みだったし。でもたとえDVD化されてもファイナル・ラブを披露してしまった大宮SKが入るのは厳しくなってしまいましたが(笑)
| 2005 one summer tour | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
オーラスご挨拶
えっとオーラスのご挨拶ですね。

まず松本さんから。長い(爆)これは初日からずっと気にしてたことですが、またアルバムがツアー途中でリリースということで、知らない曲でも皆に楽しんでもらえたか?ってこの期に及んでまだ気にしてらっしゃいました(笑)だから最高だってば!「楽しかった〜!!」って言って帰ってもらうことが何よりも嬉しい。これからも、もっともっと楽しんでもらえるライブを作っていきたい。

相葉ちゃん。すごく楽しかった。終わってしまうのがとっても寂しい。
途中言葉につまり・・・うるうるの瞳が画面に映ると客席から悲鳴が。後ろを向いて気持ちを落ち着かせてから、ありがとうございました。って深ぶか〜と頭を下げて。

にの。上を向いて目をぱちぱち。(必死で泣こうとする)
松本さん「いや、俺らみたいな冷たい人間は泣けないから」(うそつき!)
楽しかった。ありがとうございました。ってお礼の後。こうやってコンサートが終わるけども、よい形で相葉ちゃんにバトンを渡していけるので良かった(会場おお〜ってどよめく)その後大野くんそして翔君にバトンを渡していけるわけで(櫻井さん観念したかアレグリアって言われたら既に手をあげてます)そのバトンを渡す役割がみんな(ファン)なんじゃないかなと思います。

櫻井さん。これがまたえっらい男汁炸裂の(爆)黙ってオレについてこい的なご挨拶でした。「楽しいと思ってくれたかどうかわからないけど俺はすごい楽しかった。」だから最高だってば!「あとは着いてきてくれたらいいから。」って。で、とにかくカッコつけまくりで舌回し気味で夜露死苦系で。きゃーかっこつけすぎで赤面〜アレグリアのくせに〜とか大喜びで見てたら後ろのお嬢さんが「翔君めっちゃかっこい〜!!」って叫んでたので、あっそうかこれは「きゃ〜かっこい〜!!」って乗っかるべきなのねって思って楽しくなってしまった(笑)

大野くん。ファンの子を見てると元気をもらえる。これから10年目目指してがんばるから「ついてきてね。」ってこれまた櫻井さんとは正反対にふにゃふにゃに(笑)この段階でうるうるですね。最後の最後はタオルに顔をうずめて号泣。「俺はだめだ〜」って言って。顔が真っ赤で赤ちゃんみたいなの。

全然セリフとか忘れてしまったけど、こんな感じ。真面目で心配性で心優しい嵐に、まだまだついてくわよ〜!!
| 2005 one summer tour | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
裏嵐メール
まあ!やっぱりリーダーが最後のメールを出して閉めるのねって思ってたら本日えらい長文の松本さんからのメールが。これ他の3人も続いたら嬉しい。
例えば大野くんとかがよく、お客さんの顔を見てると元気が出るって言ってますが、やっぱり私たちも楽しくて仕方ない5人を見てるだけで幸せな気分になるもんです。だからそれが5人対ファンでお互いに幸せな影響を与え合えたらいいですね。このツアーで松本くんを筆頭に「愛されてるなあ」って感じてくれたなら嬉しい。こんなに大好きだよ大満足だよって客が全身全霊で言ってるのに、もっとできたんじゃないか?もっと何かやり方があったかもって常に思い続けてくれる嵐だからこそ、この上がり続ける高品質で楽しすぎるコンサートを毎度毎度打ち続けられるんだろうなあ。感想受付そしてすべて目を通すって松本くんが言うかぎりはきっとそうするでしょう。ならばせめてホントに楽しかったってことを何万分の一の意見のひとつだけど、伝えたいなと思った。不安の入り込む余地のないくらい、最高メールがたくさん届くといいな。
| 2005 one summer tour | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ファイナル・ラブin代々木
今年最後の大宮SK。
「筋肉ホームラーン!!」で、いつものトランス曲が流れて大宮登場。ひととおりゆるゆるの曲が終わった後、カンを蹴りに出てきた櫻井さんしばらく正面スクリーンに映った過去の大宮映像をじーっと眺めてて(ほらやっぱり翔ちゃんかなり大宮ファン。私も見入ってしまった)なかなかカンを踏みません。やっと「大宮みっけ」って踏んでみる。
最初は名古屋でもやった初めての大宮の出会いエピソード。これは内容は名古屋MCと同じだったので割愛します。
それで噂の新技サマー・スポット。これがあやしいのなんのって。「僕がサマー」「僕がスポット」ってぶつぶつ聞き取れないくらいの小さな声でつぶやきながらゆっくり大Sさんブリッジ。そこへ宮Kさん子供が飛行機ぶーんってお父さんの体に乗って遊ぶような感じで乗っかる&揺れてる(笑)すぐにしんどくなって倒れこむ大宮さん。疲れたのかしばしそのままなふたり。新技をすぐ後ろの階段で見てた櫻井さん「きもちわる〜」た・・・確かに。かわいい・・・・・というにはシュールすぎるし。どこかが狂ってる(爆)
で、でも最後だからもうひとつ新しい技をってことになり、ここで「新技を」ってニノが言った時ほんとに大Sさんビクってしてすごい勢いで振り向いたのがすごいかわいいやらおかしいやらだった。で、ジャンケンしてちょっとどっちがどっちか忘れたけど、どちらかが勝てば新技やる負ければやらないってことで大宮さん同士がじゃんけん。大Sさんが勝ったのかな?かくして新技を披露することに。
宮Kさんがまず「ファイナル・ラブヤリマス」「オーヤコーセーキーハードコデースカ?」って見渡しておいて「オーコサンノーメヲーシャダンシテオイテークーダサイ」と。なんでもR-18指定なので会場の18歳未満の方も「メーヲシャダンシテオイテクダサイ」と。宮Kさん大Sさんの腰に手をやり顔をくっつけてくんだけど突然笑い出す。「なんか鼻から梅のにおいがする」らしい。再度チャレンジ。くちびるとんがらせて高島屋のお人形さんみたいに小さい子がやるみたいなチュっってやつ。会場当然のごとく阿鼻叫喚(爆)大Sさん「どうしようこれがきっかけでそっちの道にいったら」宮Kさん崩れ落ちて大笑いしてらしゃいました。そして後ろで間近見てた櫻井さん。「みんなこんなこと外で言わないでね〜。どんなグループだって思われるから」って若干辟易した感じでおっしゃってました。そりゃそばで知ってる人間同士が酒も入らず素面でチューですよ。そりゃゲンナリもするって。それで終了ってはけようとすると「もう一回!」コールが。宮Kさんさすがにもうできないと思ったのか「タカノクチビルハヤワラカカター」って言ってハケて行きました。・・・・・アホすぎる・・・・・(笑)
| 2005 one summer tour | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
2005オーラスMCin代々木
まず櫻井さんから「コンサートも今日で終わり、気がつけば今年も半年過ぎたわけで、相葉ちゃんと大野くんの舞台があってあっという間に年末CDでA・RA・SHIを歌ってることでしょう」(やっぱり今年もデビュー曲歌うのかなあ?)ということで、今年の上半期での失敗をそれぞれ言ってみましょうってことになり、じゃあ翔君ってことで、まずおいでおいでをしてリーダーを呼びマリア役をやってもらいます。そして少し離れて向き合って立ってゆらゆらと胸のところから揺れる演技のシーンをやるのですが、櫻井さんこのときおっとっとと2〜3歩前に足を踏み出してしまったことがあったそうです。それが失敗なんだけど「そもそもWSSをオレがやること自体がミス」って自虐的になってらっしゃいました。もちろん「それは話を聞いたときであって今となればやってよかったって思う」そうね、初めて聞いたときファンの誰もが思ったことを何よりも自分が一番思うよね。で、松潤は何かない?って言われてナイフの格闘シーンでナイフをクルっとまわすシーンで思わず手元が狂って自分の手をグサってやっちゃったそうです。あれおもちゃだと思うけどそれでもイタイもんなのかな?そう思えば恐いですね。そういえばってんで、櫻井さんベルナルドに威嚇される時すごい押されるのが痛かったそうで(確かに!すごい勢いで突き飛ばしてたもん)大野くんも倒れてるリフに蹴りを入れるのがいつも思いっきり入って痛かったそうです(笑)みんな大変・・・・・。相葉ちゃんは?って聞かれて、3人がWSSやってたときニノとゴルフに行ったそうで、そのときニノははじめてのゴルフだったそう。それで最初のひとふりで思いっきりふったニノのボールは足の間を後ろに抜けて飛んでいったそうで、キャディーさんも驚いていたと。(ニノとゴルフが想像できない。しかしその珍道中に雑誌社がどこもついていってなかったのがオシイ)
実はこのMCの間ニノはひとり花道とおって裏にいちど戻って帰って来てるですね。なんだろ?おなかの具合でも悪かったんだろうか?でもその後もずっと元気だったので、心配はいらないと思います。にのは何かなかったの?って聞かれて理由の時打ち上げ?か食事のときにカクくんとニノはヨーグルトジュースをずっと飲んでて、それがききすぎて止まらなくなっちゃったと。それで薬をのんだら効き過ぎて出なくなっちゃった。帰りの新幹線でやっとその兆候が見えてきてちょっと行ってくるっつって車中のトイレをがらっとあけたら小さい女の子がしゃがんでたと。「お前つかまるよー」「おまわりさーん捕まえちゃって」って口々に責められるにのみ〜。「だって鍵は開になってたんだもん」(これいづぞやのゲームニッキに書いてた件ですね。それはさすがにショッキングだ。で、その後ちゃんと出たんだろうか?)
それから地震の話にうつっていって、ニノなんか地元は地震に弱いって言ってました。先日の地震でも信号機が止まって停電になったらしい。自分で「スラムだから」って暴言はいてらっしゃいましたが(笑)下町の昔からの民家はやっぱり弱いですよね。東京に限らず。最近地震多いよねってことになり、皆いざとなれば何持って逃げる?ってことになりニノは「服」と。まあお洋服に感心のないひとがどうして?と思えばお風呂に入ってるとき地震がきたらどうしようってよく思うそうで、だってそのまま外にでたら捕まるでしょう。って。その想定で「服」らしい。櫻井さんもこの意見に同感らしく「わかるーわかるー」言ってらっしゃいました。相葉ちゃんは「そーゆーときは別にいいんじゃないのー?」ってさすが裸王なご発言でした。いや捕まるとか捕まらないの問題ではないと思うんですがね(笑)大野くんは?って聞かれて「外に出ない」「・・・・・・」話終わってしまいますよね♭「だから、外に出なくちゃいけなくなったら何持って逃げるって話ですよ」って横からニノがフォロー。しばらく・・・・・ほんとに7〜8秒はゆうに考えて「かあちゃん」会場「おお〜!!」とどよめく。「たぶん寝てると思うから」(何故?)抱き上げて逃げるそうです。かあちゃんすごいな〜大野くんにとっては絶対的な存在なんですね。でもいつも思うけどたまにはとうちゃんの話もしてやって(笑)松本さんは?「布団か座布団」櫻井さんが「ちょっと待て部屋に座布団とかあるの?」「ある」と。昔タッキーにボキャ天の座布団をもらって、それがまだあるのでそれをかぶって逃げるそうです。う〜んなんてマニュアルどおりなの?でもいざって時どんだけそうやって身を守ろうとしてもそばに動物さんとかいたら絶対計画どおりに行きそうにないですよね(笑)そして意外と野生のカンのある動物さんのほうがサバイバルに長けてそうなあたり、面白いですね。櫻井さんはいろんなものを充電できる器械?見たことないのでイマイチよくわからなかったけど、自家発電させる器械らしいんだけど、意気揚々とその説明をしだしたらニノも持ってる(電気街でか?)松本くんも持ってる(新しいもの好きだから)相葉ちゃんも「文化放送でもらった」そうで、櫻井さん「なんでみんな持ってんの?」と。そして相葉ちゃんはすでに使用したことがあるらしく(さすが!)「でもあれぐるぐる回すのすごい腕が痛くなるんだよね。」って使用感まで報告されて翔ちゃんちょっとしょんぼりでした。
あと、コンサート後半あたりから半ば恒例となった、相葉ちゃんと大野くんの舞台の告知そして続き「翔君のアレグリア」これがね、さすがのスタッフさまは名古屋の時に相葉ちゃんが「翔ちゃんの本番前に気合入れる顔」って言って撮ったぶっさいく写真をうまく加工処理してポスターっぽくしてるの!それがスクリーンに登場。そしてまた4対1になりそうなところ、のんびりと一番最後に4人グループの方にに行かなくちゃって動いてた大野くんの腕をガシっとつかんで行かせまいと引っ張る櫻井さん。大野くんもふらふらと戻ってしまう。ほんとこのSOSさんチームになるとどうして急に大野くんは弱くなるんだろう?(笑)それでもやっぱりアレグリアを煽られ倒立をやってみる。そして当然コケル。いやあ〜かわいいかわいい♪コケル姿も体固そうなコケ方なのね〜
この後、地獄のカン蹴りに入っていったと思います。
| 2005 one summer tour | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |